📸商品撮影の心得とは⁈

【 Netshopサイトデザイン科/net5のTさんより】 

「Netshopサイトデザイン科」の講義で商品の撮影方法を伝授していただきました🤩

 商品撮影📸の心得、それは「商品の魅力を引き出し、かつ編集可能な写真を撮る!!」

 素人同然の身からすれば、コレ難しくない…?と思われますが、先生は経験の少ない私たちにもできるように

、3つのポイントを教えていただきました。

・ポイント① 「ライティング」
・ポイント② 「何枚も撮る」
・ポイント③ 「白とび、黒とびを避ける」

この3つのポイントを押さえておけば、商品撮影スキルが劇的にアップします!

ポイント① 「ライティング」

 例えば人形を撮るとき、顔はきれいに、影は自然な感じで…撮りたいですよね!このとき、ホームセンターで売っている白いボードを使い、窓や電灯の光を反射させて商品にあてます。これがライティング!すると、商品の見栄えに変化が生まれ、写真のレベルが格段に上がります!

・ポイント② 「何枚も撮る」

 モデル撮影のプロは、色んな角度から色んなポーズを何枚も撮ります。それは商品撮影でも一緒!この商品の魅力はどこかな?を考えながら、商品の近くをまわりながら、撮りまくります!その中から、最高の1枚を選びましょう!

・ポイント③ 「白とび、黒とびを避ける」

 撮影した写真は編集します。ちょっと明るめにしたり、商品のみ切り抜いたり。でも、写真が明るすぎ(白とび)たり、暗すぎ(黒とび)たりすると、後で編集しようとしたときに修正が効かなくなるんです!細かいディティールがこの商品の魅力なのに、黒とびで修正できず真っ黒のまま…。なんてことのならないように、白とび・黒とびを意識して、撮ったら写真を確認してみる。これで撮影の失敗は減ります!

以上です!カメラ本体の設定方法(絞り、シャッター速度、適正露出…)なども丁寧に教えていただきましたが、難しい…。しかし、先生はおっしゃいました。「自分で色々いじってみる」「何回も練習する」これしかない!難しいゲームでも、ガチャガチャ遊んでいたら慣れますよね?練習します!

【まとめ】

商品撮影では、「この商品の魅力はどこか」を常に意識し、3つのポイントをふまえ、場数を踏む!これで私たちの商品撮影のスキルは間違いなく上がるとのこと!あとは実践あるのみです!

Follow me!